2015/04/02

弦楽トリオ


本日はヴァイオリン、ヴィオラ、チェロの弦3人でホームコンサートを行ってきました。


ちまたで良く演奏されているのは弦楽四重奏で、三重奏となるとセカンドヴァイオリンがいません。



これでどういうことが起こるかと申しますと、


音楽は基本的には4つの声部から出来ていますので、


3人のうちの誰か(大抵ヴィオラ)が、まるで落語家のような一人掛け合いや、2声を同時に演奏するという荒技が必要となってきます。


しかしそんなシビアな編成のために書かれた曲やアレンジも実は結構あるのです。

演奏する側としては大変な反面、とても面白いということもあり、

今回は省スペースの3人編成でお邪魔させていただきました。



久々のホームコンサートでしたが、料理も御馳走していただき大変お世話になりました。

ありがとうございました!


このブログからも随時、出張演奏のご依頼も受け付けておりますので、右記お問い合わせフォームよりお気軽にご相談下さい。


帰り道に歩いた千鳥ヶ淵の桜、見事でした!



明後日より桜前線を追い越して札幌入りとなります。

タンゴとオリジナル曲のライブ、ダンススタジオでの演奏、そして札幌のうたうたい井雲真理さんとの共演もございます。



頭の中は、すでにジンギスカンでいっぱいです。。